【後編】アスペルガー症候群について!大人の発達障害って?治るの?

アスペルガー症候群

こんにちはー!るなです(^^)

 

今回は前回の【前編】アスペルガー症候群について!大人の発達障害って?治るの?に引き続き、後編をお伝えしていきますね(^^)

 

 

全てのアスペルガー症候群の人に当てはまるかはわかりませんが、今回も私自身の例でお伝えします。

 

 

ただ、後ほど記事でお知らせしますが、メンタルクリニックの検査で私にはADHDもあることが判明しましたので、ADHDの特徴も混ざっているみたいです・・・

 

 

ですので、あくまでも「私の場合にはこうです」ということをご理解いただき、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

 

こだわりが強く、妥協するということが許せない

 

これは、みなさん若干はそういうことがあると思います。

 

でも「妥協する」っていうことを知っているはずなので、上手く暮らしていけていると思います。(^^)

 

ところがアスペルガー症候群の私は「妥協」って出来ないんです・・・

 

物の名称の場合

ある時、うちの毒親がコーヒーに入れるミルクのことを「クリープ」って言ったんです。

 

それが本当に「クリープ」であれば私も何も言いませんでしたが、我が家にあったそれは「クリープ」ではなく「マリーム」でした・・・

 

「それ、クリープじゃなくてマリームだよ」と私が言うと、毒親は「通じるんだから何だって良いだろ!」と言います。

 

その時に我が家にたまたま来ていた私の当時の彼氏も、毒親と同じことを言います。

 

 

でも「どうしてクリープじゃないのにクリープって言うの?別物でしょ?」と思った私は、ついそう言っちゃったんですよね。

 

それでも毒親たちは同じことを言うので

 

「だったらコーヒー用クリーミングパウダーとかミルクって言ったら良いじゃん!」と言っちゃいました。

 

あの時の(当時の)彼氏のムカついた顔が今でも忘れられません。

 

 

家族も私のことを「理屈っぽい」と思っていたようですが、間違ったことを間違っていると言って何が悪いのか、私にはわかりませんでした。

 

 

毒親は「緑色」のことを「青」と言い、「オレンジ色」のことを「赤」という人でした。

 

それもまた許せませんでした。

 

名前の無い色なら一緒くたにしても構わないけど、なぜ名前のついている色のことを他の色と同じにするの?って。

 

 

あとは石鹸と合成洗剤は別物ですよね?

 

 

石鹸なら水に流すと1日で水と二酸化炭素に分解されます。

 

ところが合成洗剤は、30日経ってもまだ泡が残っているんです。

 

それなのに洗濯用合成洗剤のことを「石鹸」と呼ばれるのもすごく嫌です。

 

別物なのになぜ一緒くたにするのか本当に不思議でなりません。

 

 

定型の人から見たら「そんな程度でいちいち」って思うかもしれませんが、私にとっては大きな違いなので。

 

物の置き場所の場合

あとは授業中に教科書とノートとペンケースを机に出して置きますよね?

 

その位置もいつも同じ場所で、1mmでも違うと気が済みませんでした。

 

教科書はここ!ノートはここ!ペンケースはここ!

 

妥協は許しません。

 

物の状態の場合

教科書に書き込みをする人も多かったみたいですが、私は教科書に書き込みをすることも嫌いでした。

 

書き込みどころか、教科書を始めとする本の表紙などを折るのも大嫌いでした。

 

とにかく「完璧な(きれいな)状態」にしておきたかったんです。

 

そのおかげで古本屋に本を売る時には、読んでいるのに新品同様なので高く売れましたよ(笑)

 

入っていたとおりに戻す

さっき毒親の話が出たので思い出しましたが、私は学生の頃に友達と文通をしていたのですが、毒親は私に隠れて私に届いた手紙を読んでいたんです!

 

なぜそれがわかったかというと、私はそのとおり「完璧な状態にしておきたかった」ので、元々封筒に手紙が入っていた状態で戻しておいたんです。

 

例えば消印が押されている手紙だと、中の手紙にも消印の跡が付いているんですが、入っていた通りに入れておいた手紙の入れ方が違っていたんです。

 

最初は気のせいかな?と思ったのですが、毒親が話した内容で「私宛の手紙を読んでいた」ということがわかりました。

 

どうして自分宛ての手紙じゃないのに読んだのかと尋ねると「娘が心配だったから親なら当然」と。

 

「親でも訴えることは出来るらしいよ」と私が言うと毒親は

 

「世間体悪い!そんなことするな!」と。

 

 

子供のことを心配する気持ちもわかります。

 

でも子供には子供のプライバシーというものがあります。

 

親にはプライバシーがあっても、子どもにはプライバシーというものが存在しないと思いこんでいるんでしょうね。あの毒親は。

 

またまた話がずれてしまいましたが、そんな感じだったので周りはみんな私のことを「かなりの神経質」だと思っていたらしいです。

 

でもそうではなく、ただ「こだわりが強い」だけなんですけどね。(^_^;)

 

 

時間管理が苦手

 

これは本当に悩みのタネです。

時間管理は本当に苦手で、毎日毎日時間が足りません。

 

やらなければいけないことも忘れてしまうので、メモ用紙にやることリストを書いておいて、終わると線を引いて消しています。

 

 

独り言が多い

 

独り言は多いですね。

独り言というか、自分の中で誰かと会話している感じでしょうか。

 

普通の人は頭の中でだけ考えますよね?

例えばシュミレーション。

 

でも私は口に出して言わないと駄目なんです。

 

それだけではなく過去にあった「他人とのやりとり」なども思い出して、つい口に出してしまいます。

 

「誰と話してるの?」とたまに言われますが、誰もいません(笑)

 

 

すごい記憶力

記憶力について、これは自分でも呆れるほどです(笑)

 

しかも生活や仕事に必要ない「くだらないこと」まで記憶にはっきりと残っています。

 

 

実は私は2015年1月から勤めていた店で、女性社員と某メーカーの美容部員Sにいじめられていました。

 

この内容はあとで詳しく書いてみようかなと思っていますが、女性社員には言葉の暴力、美容部員Sには言葉の暴力だけではなく実際に殴られたり蹴られたりして居ました。

 

その時にやられたことはリアルに覚えていますし、相手の表情、立ち位置、声のトーンもしっかりと記憶に残っています。

 

こんなことはもう忘れたいのに、アスペルガー症候群のせいか全然忘れることが出来ません・・・

 

覚えなくてはいけない仕事に関することなどは頑張っても覚えられなかったりするのに、一瞬で過ぎ去った出来事を必要以上に覚えてるというのが無意味だし、自分でも本当に嫌になります。

 

 

冗談がわからない

 

これは、この年齢になったらだいぶマシになりましたが、若い頃は本当に苦労しました。

 

相手が冗談でそれを言っているのか真面目に言っているのかわからないんです。

 

いえ、正確には自分的には真面目で冗談が嫌いだったし、相手もそうであろうと思っていたので「他人の言うことは全て本気」と思っていたんです。

 

・・・というか、「嘘がつけない」んですよ私(笑)

 

 

高校生のときにも、同じクラブの女子に言われた一言で傷ついて落ち込みました。

でもその子は冗談で言ったらしいんです。

 

あとから「るなは冗談通じないんだもん・・・」と言われました。

 

その時の私は「どうして冗談なんて言うの?常に私は本気なのに!」とムカつきましたね(^_^;)

 

 

そうなんです!アスペルガー症候群の人って、常に本気なんですよ!

新しい職場に入ったときも、メモを片手に指導して貰ってるんです。

 

そんな時に冗談で嘘を教えられたら、その嘘を本当だと思って間違って覚えてしまいます。

 

 

言葉の裏の意味が理解できない

遠回しに言われても理解できないので、はっきりと伝えて欲しいなとも思います。

 

「最近どう?」とかよく聞く人が居ますが、「どうって何が?」と本気でわからないんです。

 

そんなアバウトではなく「彼氏と上手くいってる?」や「嫌いな食べ物は克服できた?」等、はっきりと聞いてください。

 

 

アスペルガー症候群に向いた仕事

 

アスペルガー症候群の人は、マニュアルが無いと生きていけないんです。(私も含め)

 

仕事中もイレギュラーなことが起こると、対応できずにパニックになってしまうこともあります。

 

なので接客業などは向かないみたいですね。(私は長年接客業でしたけど)

 

 

空気が読めないので、周りから浮いてしまって休憩時間もみんなと一緒に話しながらご飯を食べたりが苦手です。

 

話をしてても、自分としては普通に話してるつもりなのに、しょっちゅう話が飛んでしまうので、嫌がられたりします。(私はそうでした)

 

ひとりでやる仕事が一番向いています。

 

 

少し前まで私は物販をしていましたが、サイトに載せている電話には一切出ません。

 

営業電話ばかりかかってくるということもありますが、クレーム等電話で言われると上手く対応出来ないんです。

 

 

なのでお客様には申し訳なかったのですが、

「お問い合わせは履歴の残るメールでお願いします」

と記載していました^^;

 

まとめ

アスペルガー症候群の人って本当に生きにくいです。

 

これは性格ではなく「何らかの理由で脳の特定の部分に障害が生じた」のが原因と思われることから、一生治らないと思います。

 

なので上手く共存するしかないんです。

 

 

私もアスペルガー症候群の他にACやら色々抱えていますが、共存してなんとか生活しています(^^)

 

 

友達や知り合いにアスペルガー症候群の人が居る場合、「アスペルガー症候群はこういうもの」ということを知っていただいて、アバウトな表現ではなく、はっきりと言いたいことを伝えてくださいね。(^^)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました