福山市役所の管轄!発達障害者に対するイジメ!これが実態です!

イジメ

※2019年11月30日更新済み

(こちらの記事が、色んなサイトで晒されているらしいので、伏せ字にしました。)

↑     ↑     ↑

ということで、一時期伏せ字にしていたわけですが、事情が変わりましたのではっきりと名前を出すことにしました。

 

個人名は勿論出しませんよ。

 

この件について色々進展があり、ブログの内容も更新させて頂いております。

 

是非最後まで御覧頂けたらと存じます。

 

 

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

今回は、かなり真面目なお話です。

 

広島県に、A子さんという発達障害の女性が居ました。

 

A子さんは、ハローワークで「福山市役所」で障害者枠で臨時職員を募集しているのを発見し、2年くらい前に、そこで働かせてもらうことになりました。

 

臨時職員なので期限があり、去年からは広報で見つけた、福山市役所の管轄で働いています。

 

その福山市役所の管轄へ入ったのがA子さんの悪夢の始まりでした。

 

スポンサーリンク

最初から様子がおかしかった

 

最初は「早く彼氏作りなさい」などど、セクハラまがいなことを言われました。(その時にもう彼氏は居たのですけどね)

 

時間外勤務のサービス残業もやらされていました。

 

サービス残業って、本当は禁止で、今はうちの夫の会社でも「時間になったら早く帰って」といわれているのに、おかしいですよね。

 

しかも役所なのに・・・

 

スポンサーリンク

無理やり作業させられて、目に穴が開いた

 

むりやり作業させられて、目に穴が開いたとのこと!!!

 

これ、今まで知らなかったのですが、A子さんに先日聞いた話です。

 

それなのに、ある上司には「(それくらい)大丈夫、大丈夫」と言われたそうです・・・

 

 

穴が開いた部分が、たまたま白目の部分でしたので視力はちゃんとありますが、もし黒目だったら・・・と想像すると、恐ろしいどころの話ではありませんよね。

 

おっと、すみません。確認したら、黒目も少し剥がれていて、視力は落ちているとのことです。

 

 

開いた穴は、二度と塞がらないと診断書が出たそうです。

 

 

スポンサーリンク

聴覚過敏の為にイヤーマフを付けていた

 

仕事中はスマホはロッカーに入れないといけないのですが、実はA子さんは、発達障害による聴覚過敏の為、イヤーマフというヘッドホン型のものを付けていて、それの調整のためにスマホのアプリが必要なのです。

 

そういう理由を上司に説明したら、じゃあスマホはロッカーに入れなくても良いと言われ、安心していました。

 

ところが、A子さんが同僚に「スマホで天気を調べてくれる?」と言われたり、イヤーマフの調整のためにスマホをいじったりしていると、それを快く思っていない人が、上司に告げ口をするようになりました。

 

「A子さんはスマホをいじってばかりで遊んでいて仕事をしない」とか、「A子さんに注意したら認めなかった」とか。

 

あとは、A子さんが言ってもいない事を「A子さんがこんな事を言っていた」などど、他の上司にも電話で密告したりされました。

 

A子さんは、実際そんな事は言っていないし、認めるわけないじゃないですか?

 

しかも、仕事はちゃんとしているので、それって捏造ですよね?

 

けれども上司は、その片方の嘘話だけを信じ、A子さんの話はちっとも信じてくれません。

 

 

「スマホばかりいじりやがって!」と上司に怒鳴られました。

 

 

他の人たちは、仕事中に関係ないネットサーフィンしてたり、自由に休憩したりお菓子食べたりしているのに、上司はA子さんの事ばかり標的にします。

 

ちなみにA子さんは、他の人の悪口は、一切上司には言っていません。

 

私にだから話してくれたんです。

 

 

A子さんのように発達障害ではなく、定型発達(いわゆる健康な人)でも、そこの職場は1年に何人も辞めていくそうです。

 

ちょっと異常な職場ですよね。

 

役所なのに普通、そんなことはありえません。

 

役所なのに、というのは、役所は福利厚生もしっかりしているし、何より潰れる心配がないから。

 

だからみんな役所で働きたがるんですよ。(健常者も)

 

スポンサーリンク

段々職場に行くのが怖くなった

 

発達障害(ASD)の人って、(私もそうですが)ショックを受けたりすると、たとえそれが過去の事でも、今現在目の前で起こっていることのようにリアルに感じるんです。

 

これをフラッシュバックと言うのですが、A子さんは上司の怒鳴り声が何度も何度もフラッシュバックし、仕事に行くのが困難になってきました。

 

実際に、西日本豪雨で災害で亡くなった親戚のお葬式に行くから、という理由で休むと連絡した時にも、「本当は彼氏と遊ぶから休むんじゃないのか?」と言われたそうです。

 

 

A子さんは、精神科にも通院してますし、カウンセリングも受けています。

 

上司のせいで二次障害が出てしまってて、急に病院へ行かなければならなくなるときもあります。

 

ドクターにも「しばらく仕事は休んで」と言われ、診断書を書いてもらったのですが、上司に診断書を渡した時に「仕事に行きたくないです。」と言ったら

 

 

「殴ってやろうか?」

 

 

と言われました。

 

女性に対して、しかも障害者に対して「殴ってやろうか?」などという上司。

 

こんなこと許されるんですか?

 

A子さんは、「仕事に行くことを考えると、自死したくなるの。死にたくなるの。」と言っています。

 

これほどA子さんの心を壊した上司の事を、私は許すことが出来ません。

 

 

スポンサーリンク

企業は障害者を雇用すると助成金をもらっている

 

これはみなさんご存知かと思われますが、企業が障害者を雇用すると、助成金というものがもらえます。

 

助成金には細かい基準がありますので、詳細はお手数ですがこちらの厚生労働省のHPでご覧くださいませ。

 

もしかしたら、A子さんの勤めている所は、助成金が欲しくて障害者を雇っただけかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

パワハラの証拠

 

実は、パワハラの証拠は揃ってるんですよ。

 

 

A子さんは、毎日ノートに、職場でやられたことを全て書いていました。

 

 

〇〇さんにこう言われた。その時周りには誰と誰が居た。

 

 

このように、事細かく書いています。

 

 

しかも、上司に怒鳴られた時にも、ボイスレコーダーに録音しています。

 

スポンサーリンク

療育を考える親の会 ひ◯こクラブ

 

A子さんは以前、「療育を考える親の会 ひ◯こクラブ」という所に通っていました。

 

 

その中のYSという女性が、(個人名なのでイニシャルにしておきますね)集会の最中にタブレットで、私がこのブログを読み上げたYou Tube動画を流したそうです。

 

 

そして、「ざまあみろって思った?」と何度も何度も言われたそうです。

 

 

しかも、そのYSさんは「幻聴とか幻覚があるようだから、統合失調症じゃないの?良い病院紹介しようか?」とも言ったそうです。

 

 

A子さんは、統合失調症なんて、精神科のドクターに言われていません。

 

 

A子さんは、同じ発達障害者なのに、もう誰も味方は居ないと、かなり傷心し帰宅しました。

 

スポンサーリンク

どうしようもなく弁護士に相談

 

もうどうしようも無くなり、弁護士さんに相談したら、9月3日に福山市役所に手紙を送ってくれました。

 

 

その中身もA子さんから送られてきて、私の所にありますが、ブログには載せませんので、予めご了承願います。

 

 

書いてあったことは、A子さんのパワハラ問題について、改善してくださいというような内容です。

 

 

これに対してなかなか返事が来なくて、どうなってるのかな?と思っていたら、やっと2ヶ月以上経った11月13日に返事が来て、まあ簡単に書くと「調べましたがそんなパワハラの事実はありません」ということでした。

 

 

弁護士にまで嘘つくって、すごい度胸だなと思います。

 

 

呆れて物も言えません。

 

 

私は嘘が吐けない人間なので、見習いたいくらいです。

 

 

しかも、A子さんが部署変えを望んでいるのに、それも対応できないと言うことです。

 

 

まあ、市役所的にはA子さんには辞めてもらいたいと思っているんでしょうね。

 

 

企業の方から首には出来ないので、本人が辞めたいと思うような対応をしてくるんですよ。

 

 

被害者の方を辞めさせて、パワハラは無かったことにする。

 

 

これ、私が以前勤めていた化粧品店と同じやりかたです。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

最初にこの記事を書いてから、色々なことがありました。

 

 

今回のお話も、いつも通りノンフィクションです。

 

 

私のブログは、常に「事実」しか記載しておりません。

 

 

勿論You Tubeもです。

 

 

実は、某メディアの方がA子さんと実際に連絡を取り、市役所へ調査してくださったのです。

 

本日11月30日13時に公開されましたので、ご覧いただけたら幸いです。下のリンクをクリックで開きます。

 

福山市の非常勤職員がセクハラ・パワハラ訴え 市は「なかった」と回答

 

You Tubeのほうも概要欄を更新しておきますね。

 

 

今回も、最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

スポンサーリンク
イジメ
meniha-mewoをフォローする
専業主婦という名のニートのブログ

コメント

  1. Nissy より:

    市役所ってそういうところですよ。僕の市役所でも、2年間セクハラされてきた非常勤職員女性二人が決死の思いでセクハラ訴えても、もみ消し。非常勤職員にサビ残の嵐。新人正規職員は、福祉系の部署に行き運が悪いと、精神疾患で病休になる。パワハラはあちこちの部署で見聞きします。総務部に相談しても、「不適切な発言があったと総務部へ謝罪がありました(被害者に対しててではなく、総務部をお騒がせてすいませんの意味)」と言われて終了。年度始めじゃないと異動はさせない。議員に言えばコロッと対応する。
     市役所とはそういう組織です。

     もちろん良い人もたくさんいますが、何かあっても見てみぬふり。社畜精神により、揉め事を起こしたくないのです。

    • meniha-mewo より:

      Nissyさん
      コメントありがとうございます!(^^)

      そうなんですね・・・

      私はかつて、合同庁舎の臨時職員と、税務署の忙しい時期だけのアルバイトはしたことがあるのですが、市役所は無いんですよねえ・・・

      ただ、合同庁舎は、みなさんたまたま良い方でした。

      税務署は、アルバイトなのに妙にツンツンした人もいましたけどね(笑)
      (後から聞いたら、彼女は職員の娘でした。)

      ただ、私が役所で働いたのってもうだいぶ前なので、今は時代が違うんでしょうね。

      Nissyさんが、「議員に言えばコロッと対応する。」と書かれていましたが、A子さんは議員さんにも相談していました。
      それでも福山市役所は4月からの部署替えの対応をしてくれませんでした。

      それどころか、結局A子さんには「4月からの更新は無い」と先日市役所から手紙を送りつけてきました。
      結局、被害者を辞めさせパワハラやセクハラはなかったことにする。
      本当に悪の組織ですね。(私の以前の職場もですけど)

      そちらの市役所の2年間セクハラされてきた女性2名も、もみ消されたんですね。
      世の中腐っていますね。

      こういう世の中を変えていきたい。
      でも私1人だけの力ではどうにもならない。
      とてもとても悔しいです。

      なので私は、少しでも被害者を減らすべく、ブログやYou Tubeで、いじめ(パワハラ)やセクハラなど企業の真実、化粧品や合成洗剤の危険性(メーカーの嘘)、食べたらいけない食品などの「事実」を伝えております。

      今後も事実のみ伝えて参りますので、どうぞ宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました