スマホ料金を安くしたい!格安SIMとサブブランドの違いって何?

節約

こんにちはー!るなです(^^)

 

今みんな使っているスマホ。

 

 

毎月かかる料金って、高いですよね・・・

 

 

私も以前ドコモやauを使っていた時には、本体代金を含まずに7000円~8000円くらいでした。

 

 

ところが、色々検討してUQモバイルに変えてからは、月々1980円(税抜き)になったんです!!!

 

 

これは確か2ギガくらいしかパケットは使えなかったはずです。

 

 

でも基本的に引きこもりの私は、家にWi-Fi環境があるので、月に1ギガも使いません^^;

 

 

そんなUQモバイルを、約1年前に辞めた理由があります。

 

 

格安SIMって何?

 

まずは、格安SIMについてお伝えしますね。

 

 

これは、SIMフリーのスマホ本体を用意し、好きな格安SIMを入れることによって、そこの格安ケータイを利用できるわけです。

 

格安ケータイには、2タイプあります。

 

 

普通の格安ケータイ

 

これには

  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • イオンモバイル
  • ビックモバイル
  • マイネオ
  • OCNモバイル
  • DMMモバイル
  • H・I・Sモバイル

 

などなどがあります。

 

 

これらはよく

「ドコモ回線を使用していますので、安心です」

 

 

などと書いていたりしますよね?

 

 

サブブランド

 

それとはちょっと違って、サブブランドというものがあります。

 

 

 

これは、

  • auのサブブランドは「UQモバイル」
  • ソフトバンクのサブブランドは「ワイモバイル」

 

 

なのですが、これらはなぜサブブランドというのか?

 

 

 

ケータイブランド3社は、基本的に「高い」イメージがありますよね?

 

 

なので、「お手頃なブランドもありますよー」ということで、サブブランドを出したわけです。

 

 

 

料金体系は普通の格安ケータイと同じ程度の料金なのに、回線の使用方法が違うんです。

 

 

例えば回線はUQモバイルならauと一緒に使えるし、ワイモバイルならソフトバンクと一緒に使えるんです。

 

 

なので、混雑する時間帯でも、そんなに影響は受けません。

 

※2019年4月10日現在、ドコモのサブブランドは出ていません。

 

 

 

私が最初に格安ケータイに変更するときにUQモバイルにした理由は、それが理由なんです。

 

約1年前にワイモバイルに変更

 

 

はい、約1年前にワイモバイルに変更した理由は、料金的にはUQモバイルと同じなのですが、

 

 

ワイモバイルのほうは無料通話がデフォルトで10分付いているのです。

 

 

ちなみにUQモバイルは、無料通話5分です。

 

 

※この内容はプランにもよりますが、殆ど内容的に同じプランで比較しています。

 

 

 

ほぼ電話をしない人なら、無料通話5分でも十分でしょう。

 

 

でも私はその頃、事業をしていましたので5分で終わる通話はあまりなかったんです。

 

 

10分あれば・・・ほぼ終わりましたが、中には終わらない場合もありました。

 

 

ワイモバイルのみかけ放題が付けられる

 

3大ブランド以外で、かけ放題が付けられるのは、ワイモバイルのみなんです!

 

 

これはとっても凄いことですよ(^^)

 

 

ケータイ同士でも固定電話でも、何時間話してても通話料は0円。

 

しかも、月々のオプション料金は、たった1000円(税抜き)です!!

 

 

3大ブランドなら、かけ放題にするには1000円以上かかりますよね?

 

 

Yahoo!ショッピングを利用する人はお得!

 

ワイモバイルは、月に税抜き500円払うことによって、Yahoo!ショッピングのポイントが、常に10倍になるんです!

 

それだけでも凄いのに、更にどの商品にも使える500円クーポンが、1枚貰えるんです!!

 

 

Yahoo!ショッピングで、月に501円以上お買い物をする人には、とても素晴らしいプランですね♪

 

 

ちなみに我が家は毎月Yahoo!ショッピングを結構利用していますので、かなり得してます(笑)

 

 

ワイモバイルは実店舗も多い

 

 

ワイモバイルは実店舗も多いため、なにか困った時には店舗で聞くことが出来るので助かります♪

 

 

LINEのIDを検索出来る

 

普通の格安スマホは、実はLINEのIDを検索することも検索してもらうことも出来ません。

 

これは年齢認証が出来ないためです。

 

 

UQモバイルも、auのサブブランドなのに、LINEの年齢認証は出来ませんでした。

 

 

 

そういうところも不便だったんですよねえ・・・

 

 

 

ところがワイモバイルならソフトバンクの年齢認証が出来るため、LINEのIDを検索出来るし検索してもらえるんです!!!

 

 

これは格安スマホでは画期的だと思いました(^^)

 

※2019年4月10日現在、LINEのIDを検索したり出来るのは、ワイモバイルとLINEモバイルのみのようです。

 

 

格安スマホの機種

 

 

格安スマホの機種は、3大ブランドと同じような内容でも、若干お安く設定されているようです。

 

 

種類も結構豊富で、シャープのアクオスや富士通もありますよ(^^)

 

 

私は内部ストレージ32Gでは足りないかな?と思い64Gにしましたが、めっちゃ軽くてサクサク動いてくれています(^^)

 

他の格安スマホでドコモ回線だから安心って言われた

 

 

これはよく言われることです。

 

「うちは安心のドコモ回線ですので、繋がりやすいです。」

 

 

確かにドコモ回線なら、繋がりやすいですよね?

 

 

ただ、それは時間帯によっても違います。

 

 

混雑する時間帯は、ドコモ会員が優先なので、ドコモの人たちが使って、余った部分しか使えない格安スマホの人たちは、めっちゃ繋がりにくくなるんです><

 

 

なので、今後はどうなるかわかりませんが、今の所はサブブランドのどちらかにしておいたほうが無難な感じですね。

 

 

終わりに

 

現在私は、毎月Yahoo!ショッピングで買い物をするし、デフォルトで10分無料通話がついているので、とても満足してワイモバイルを利用しています。

 

事業を辞めてからは、月々1000円(税抜き)の通話し放題も辞めました(笑)

 

 

格安スマホの月々の利用料金は、3年目くらいからは変わってくることもありますし、選ぶ時にはそういう点も気をつけましょうね(^^)

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

 

 

コメント

  1. マロ より:

    まあ高いのは分かってるけど、
    難聴の人にはVOLTE 機能のない格安は
    最初から除外だし、
    京セラ製品のソニックレシーバーつき1択なんだよね。
    カメラも随一と言っていいぐらいのクソで不満ないわけじゃないけど。

タイトルとURLをコピーしました