化粧品が自分を綺麗にしてくれるという効果を信じている人っているの?

化粧品

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

今回のタイトルには、女性のみなさんドッキドキでしょうけど、多分殆どの女性は

 

 

「この化粧品を使えば綺麗になれるはず!」と信じて使っていますよね?

 

 

最初からがっかりさせてすみませんが、嘘がつけない私は正直に書いちゃいますねw

 

 

お風呂上がりには30秒以内に化粧水をつけること

 

はい、この言葉って、どこかで聞いたことがありませんか?

 

 

そうです。雑誌やネットにも書いていますが、化粧品売り場の美容部員さんが言っている言葉ですね。

 

 

なぜそんな言葉を言うのでしょうか?

 

 

理由は、表向きは「肌の乾燥を1秒でも防ぐように」ということですけど、

 

 

これってからくりがあるんですよね(笑)

 

 

肌には自分で潤おうとする力がある

 

 

そうなんです。

 

 

人間の肌には、自分で皮脂を出す力が備わっているんです。

 

 

なので、実は私はお風呂上がりに一切化粧水なんてつけていませんが、10~20分くらいで潤ってきて、30分もしたら全くつっぱらなくなります。

 

 

でも、決してオイリー肌ではなく、学生の頃もニキビが殆ど出なかった普通肌ですよ。

 

 

それなのに、お風呂上がり30秒以内に化粧水をつけてしまうことを繰り返したら、肌が自分で潤うことを怠けてしまいます。

 

 

だから、お風呂上がりに即化粧水をつけないと、顔の皮膚がつっぱってつっぱって、大変なことになるのですよ。

 

 

そのため、化粧水が無くなると困るから、女性陣は必ずスキンケアを買いに走る、というわけです。

 

20歳の頃に化粧品の恐ろしさに気づいた私

 

20歳の頃、私は某化粧品会社でセールスをしていました。

 

 

生まれて初めて使用したカネ◯ウの化粧水は合わなかったけど、ここの会社には敏感肌用の化粧水がありましたので、それを使用していました。

 

 

つけ始めて数日は良かったのですが、数ヶ月も経ってきたら、洗顔後すぐに化粧水をつけないとつっぱってきて、顔がヒリヒリ痛くなってきました。

 

 

敏感肌用でしたので勿論無香料なのですが、クンクンすると鼻の良い私はニオイがわかりました。

 

 

多分、原料臭を消すための香料です。

 

 

無香料というのは、「香料が入っていない」という意味ではありません。

 

 

「ニオイがしない」という意味なので。

 

 

スキンケアを一切辞めてみた

 

その後、私は化粧水や乳液といった、いわゆる「スキンケア」を一切辞めてみたのです。

 

 

最初は粉がふいたような感じで、カッサカサしてヒリヒリして痛かったです。

 

 

でも、自分の肌の力を信じるんだ!

 

 

それのみを思い、頑張りました!

 

 

段々粉吹きやヒリヒリが収まってきて、約1ヶ月後には綺麗な肌に戻れました!

 

 

洗顔後も、化粧水なんてつけなくても全くつっぱりません!!

 

 

るな
るな

取り戻したぜ!本来の肌を!

 

スキンケアは10年後の肌のため?

 

「今しているスキンケアは、あなたご自身の10年後の肌のためなんですよ」

 

 

これもよく聞くセリフです。

 

 

「昔は良い化粧品が無かったから、お年寄りの肌はしわしわでしょ?」

 

 

え・・・年齢を重ねてシワが無かったら、かえってキモくないですか?^^;

 

 

遺伝子レベルでお肌を修復します

 

「この1万円のクリームは、遺伝子レベルでお肌を改善してくれます!」

 

 

と言われ、無理やり買わされたクリーム。

 

 

でも、化粧品ごときで「遺伝子レベル」はヤバくないですか?

 

 

それ、化粧品を超えてますがな(笑)

 

 

でもね、しょうがないんです。

 

 

そこのメーカーの美容部員さんは、本当の事を知らないんですから。

 

 

研修で教わったとおりに、お客様に伝えて買わせてるだけなので(笑)

 

 

化粧品って、肌表面(表皮)までしか浸透しませんよw

 

 

「肌の奥深くまで浸透して~」とか言ってますけど、

 

 

真皮(表皮の更に奥にある肌で、ターンオーバーで脱皮すれば表皮になる皮)まではたどり着けません(笑)

 

 

そんな肌表面に塗ってシワが消えたように見えるのは、

 

 

例えるなら、砂埃の舞った道路に水を撒いて落ち着けたような感じですね。

 

 

なので、その撒いた水が乾燥してくると、また肌はカサカサになる。と。

 

 

化粧品の成分

 

実は私、中学生の頃からお風呂に浸かりながら、シャンプー等の裏に書いてある成分表を読むのが大好きだったのです(変わった子供ですよねw)

 

 

それは、はちみつ入りシャンプーだったんですが、成分表のどこにも「はちみつ」なんて書いてありません。

 

 

それが不思議で不思議で、授業中にまで気になって集中出来ませんでした^^;

 

 

プロピレングリコール、ポリエチレングリコール、~アルコール、パラベン・・・

 

 

聞いたことがない単語ばかりでしたが、毎晩お風呂に浸かりながら声に出して読むうちに、覚えてしまい、スラスラと言えるようにまでなりました^^;

 

 

その頃はネットなんてありませんでしたから、広辞苑(誕生日に買ってもらった)で調べたりしましたねえ。

 

 

わかったことは、これはほぼ全て、合成の、身体に悪いもの。ということです。

 

 

だから薬と違い、「化粧品は健康なお肌にお使いください」と書いてあるんです。

 

 

薬みたいなものと勘違いされ、傷でもある箇所につけられてしまったら、その部分が悪化しますからね。

 

 

例えば乳液などは水と油で出来ていますが、水と油って絶対に混ざらないじゃないですか?

 

 

るな
るな

だから合成界面活性剤っていうのを使って混ぜてるの。

 

この合成界面活性剤というのは、肌には勿論よくありません。

 

簡単に言うと、肌のバリア機能を壊してしまいます。

 

 

それを知らずに顔に塗り続ける女性たち・・・

 

 

それを知っていながら販売を続けている様々な化粧品会社。

 

 

私自身も悪人だった

 

化粧品会社は、世の女性達の肌を、化粧品無しでは生きていけないようにするために、ありとあらゆる良い言葉を並べ、売り続けています。

 

 

でも、かつて化粧品販売をしていた私は、それを知っていながら販売していたので、相当の極悪人だったと思います。

 

 

私は無理やり売ることはしませんでした。

 

 

洗顔後、何もつけていない私の肌がすごくきれいに見えていたらしく、

 

 

「この化粧品を使ったら、あなたみたいなきれいな肌になれる?」

 

 

と、よく言われていました。

 

 

すっぴんでもかなり売れましたね・・・

 

 

あの時の私の中には、天使と悪魔が居ました。

 

 

だって、「スキンケアは何使ってるの?」と聞かれて

 

 

「何も使っていません」と答えると、

 

 

「お肌が丈夫なのねえ。羨ましいわ」と言われ・・・

 

 

「いえいえ、化粧品の刺激に耐えられるあなたの肌のほうが丈夫なんですよ。」とも言えず。

 

 

化粧品の真実を伝えたくても次々に電話で注文が来る。

 

 

「欲しいって言ってるんだから売ったら良いじゃん?」

 

 

と囁く私の中の悪魔。

 

 

 

みなさん、今まで言えずに申し訳御座いません。

 

 

今後、私は化粧品販売を辞めます事を決意致しました。

 

 

私の話が信用できない人は、化粧品の裏や箱に書いてある成分を、ひとつひとつ検索してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

化粧品がどんなに怖い物か、お分かり頂けたでしょうか?

 

 

私は今でも毎日のスキンケアはしていませんが、冬など肌が乾燥する時には、薬局で売っている

 

 

「白色ワセリン」をうす~く伸ばしています(^^)

 

 

みなさんも、早く化粧品から卒業出来ますように。m(_ _)m

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました