間違った知識を持ってる美容部員が多数!全ての話を信じてはいけません

化粧品

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

美容部員って、「化粧品のことなら何でもわかっているプロ」ってイメージですよね?

 

 

なので、買いに行った人は美容部員の説明を聞き、なんでも言われた事を信じてしまいます。

 

 

けれども、例え自分のところのメーカーでも、あれだけ大量の化粧品を全てわかっている美容部員って、そんなに多くないと思いますよ。

 

 

なぜなら、私自身が、美容部員の間違いを何度も実際に見聞きしているから(笑)

 

 

今回は、そのことについてお伝えして行きますね(^^)

 

(今回はメーカー名は記載しません)

 

 

日焼け止めに美容液が入ってる?

 

 

ある時、ちょっとお年寄りのお客様に、日焼け止めの説明をしていた美容部員がいました。

 

 

そしてある日焼け止めの事を聞かれた時に

 

 

「こちらは美容液が入っていますので」と説明していました。

 

 

るな
るな

それ、美容液感覚の日焼け止めってだけで美容液は入ってないよー!

と思ったんですが、私はそのメーカーの人間ではないし、口を挟むことはしませんでした。

 

 

結局そのお客様は、その日焼け止めをお買い上げ。

 

 

あとでそのメーカーのチーフにも確認しましたが、

 

 

「あれは美容液のような感触(テクスチャー)ってだけで、美容液は入ってませんよ」

 

 

と言っていました^^;

 

 

だってその日焼け止めは私も使っていたし、私は美容液は入っていないということをわかっていました(笑)

 

 

化粧水の有効成分のこと

 

はい、お次は違うメーカーさんの美容部員のお話です。

 

 

すごく性格の良い美容部員だったのですが、残念なことに化粧水の有効成分を間違えていました。

 

 

本当は海藻成分だったのですが、ダブルコラーゲンと言っていました・・・

 

 

ああ、残念。

 

 

アイシャドウにはコラーゲンは入ってない

 

そこのメーカーは、化粧品にコラーゲンを使用するのが好きだったんですよ。

 

 

チークにも入ってましたし、まあなんでもかんでもコラーゲン入りと謳っていましたよw

 

 

ところがどっこい、「アイシャドウにはコラーゲンは入ってない」と言った美容部員が居たんですよね~(笑)

 

 

その美容部員はある化粧品店で働いていた時!変わり者とレッテルを貼られいじめに合う!の記事の、下の方に出てきますね。

 

 

 

成分表にはちゃんと「コラーゲン」と記載されているのに

 

 

 

「コラーゲンは入っていない」と自慢げに言い切る美容部員。

 

 

 

使用した私の肌には反応が出ているのに・・・怒りを通り越してとっても笑えます(^^)

 

 

 

ではこの成分表って嘘が記載されているんですかねえ???

 

 

全て例の美容部員の勘違い(思い込み)だとわかってはいましたが、わざとメーカーに電話をして

 

 

「〇〇店の△△さんは、アイシャドウにはコラーゲンは入っていないと言っていますが、成分表にはちゃんとコラーゲンと記載されています。

 

それではメーカーは、入れても居ない有効成分をあたかも入っているように嘘を記載しているのでしょうか?

 

それとも◯◯店の△△さんの知識不足でしょうか?」

 

 

そしたらメーカーの電話担当の方が、

 

 

「アイシャドウにもちゃんとコラーゲンは入っております。弊社の美容部員の勉強不足です。申し訳ありませんでした」

 

 

と謝って頂きましたよ。

 

 

あ~私って意地悪(笑)

 

 

しっかり店舗名と姓を伝えておいたので、あとでこってり絞られたことでしょう(多分ね)

 

数例出してみましたが

 

数例わけのわからない美容部員の話を出してみましたが、それとは反対に

 

 

 

「本当は知っているけど、たくさん売りたいから嘘をついている」

 

 

悪徳美容部員もいます。

 

 

売れれば売れるほど、彼女たちにボーナスが入りますからね(笑)

 

 

化粧品なんてざっくり言うと「化学物質を練り合わせたもの」なんですけどね。

 

 

全成分表示義務

 

薬事法が改正されたために、2001年4月から、化粧品の全成分表示義務ができました。

(欧米に合わせたのです)

 

 

化粧品やシャンプーなど、含まれる量の多い順に、全成分を記載しなければならないことになりました。

 

 

それまでは、指定成分と言われる100種類くらいの「アレルギーの原因になるもの」しか記載の義務が無かったのですよ。(例えばパラベンとか)

 

 

でもこのおかげで、全成分を確認できるようになった消費者は、安心ですよね(^^)

 

 

 

私は化粧品を使用するのには賛成できませんが、

 

 

どうしても化粧品を使いたい方は、全成分を確認してから自己責任で使用しましょう。

 

 

使用してみて、もし「合わないな」と感じたら、すぐに使用を辞めてください。

 

 

化粧品の価格

 

化粧品には安いものから高いものまで、色々ありますよね?

 

 

何が違うと思いますか?

 

 

ちなみに安い化粧品は、ケースも安っぽく、高い化粧品はケースも結構高級に見えますよね?

 

 

なのでメーカーに確認してみると、「容器が・・・」「成分が・・・」といった言い訳をします。

 

 

 

でも、今や大量生産が出来る化粧品。

 

 

容器が1個3000円も5000円もするわけ無いですよね(笑)

 

 

 

結局は、CM料金がかかりすぎてるんですよw

 

 

メーカーは各ブランドごとに有名タレントを使用し、莫大な資金を使いCMを流しているんです。

つまり、ブランドイメージを作っているのです。

 

 

CMを見る回数が多ければ多いほど、人間って「これは有名だ。信用できる。」と思い込んじゃうんですよね。

 

 

だって、全くCMをしていない知らないメーカーの化粧品って、なんとなく「大丈夫なの?」と心配になりませんか?(笑)

 

 

CM1本あたりいくら。とは一概には言えませんが。(タレントさんやメーカーなどによっても違いますしね)

 

 

確かに言えることは、原価率よりも広告費のほうが圧倒的に上回っているということです。

 

 

最後に

 

何度も言いますが、私は化粧品使用に反対派です。

 

 

あんな化学物質をこね合わせたものを顔や体に塗るのは恐怖しかありません。

 

 

あ!でも日焼け止めだけは使用しますよ(^^)

勿論ココナッツオイルを薄く伸ばしてからですけどねw

 

 

どうしても「私は化粧品が無いと生きられないの」という方は、どうぞ自己責任でお使いくださいね(^^)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました