とんでもなくびっくりしたお客様!なんで普通に尋ねられないの?

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

以前私が化粧品店で働いて数日目くらいの時に、とんでもなくびっくりした事があったんです。

 

 

質問されたので「確認致しますので少々お待ちいただけますか?」と笑顔で言っただけなのに、大声で怒鳴られました^^;

 

 

他の美容部員さん達も全員びっくり!

 

 

今回は、その件についてお伝えしていきますね(^^)

 

来て早々怒鳴るお客様

 

はい。数年前に私は化粧品店に入社したばかりでした。

 

 

 

その時に販売されていた化粧品であれば、容器を見ただけで大体どこのメーカーの商品なのかわかったのですが、

 

 

 

だいぶ前の(既に販売終了していた)商品だと、容器を見てもわかりません。

 

 

 

 

そんな時に、ひとりのお客様がいらっしゃいました。

 

 

 

「ねえ、これと同じのある?」

 

 

 

と、口紅を1本差し出され・・・しかし、見たことのないデザイン。

 

 

 

メーカー名も色番号も消えてしまって全く見えません。

 

 

 

その時店内にはお客様は少なく、空いている美容部員さんも結構居たので、その美容部員さんなら知ってるかな?と思い、

 

 

 

「確認致しますので、少々お待ちいただけますか?」と申し上げたら、

 

 

 

「だから、同じのあるかって聞いてんのよ!!!」

 

 

 

と、大声で怒鳴られました。

 

 

 

 

化粧品メーカーも、30年くらい前でも1000社以上はありましたし、ここ数年では3500以上のメーカーがあります。

 

 

 

自分が昔から愛用していた化粧品ならともかく、他メーカーの商品だと現行の商品でないと、入社したばかりの私にはわかりません。

 

 

 

お客様は「化粧品店の人=全員プロ」と思っていらっしゃるだろうし、入社したばかり、とかは言い訳にはならないでしょうけど、

 

 

 

それでも長く美容部員をしている人でも、自分のメーカーの商品しかわからない人も居ますよ。

 

 

 

とにかく「申し訳ございません。少々お待ちくださいませ。」と言い

 

 

 

空いている美容部員さんに、その口紅を見てもらいました。

 

 

あるメーカーの廃盤商品だった

 

そしたら「これは、◯◯さん(某メーカー)のだいぶ昔に出ていた口紅で、既に廃盤よ。」

 

 

 

と教えてくれました。

 

 

 

すぐにお客様の元へ戻り、その旨をお伝えすると、「じゃあ良いわ。」

 

 

 

と仰っしゃり、居なくなりました。

 

 

 

ホッとしたのもつかの間、30分後くらいに他の作業をしている時に、またそのお客様。

 

 

 

「ねえ、これと同じのはある?」

 

 

 

またまた口紅を1本差し出されました^^;

 

 

 

その商品は現行のカネボウのKATEの口紅だったので、

 

 

 

「こちらでございます。」とご案内し、

 

 

 

KATEの売り場でテスター(見本)をクルクル繰り出し、

 

 

 

「◯◯番ですので、こちらのお色で間違いないでしょうか?」

 

 

 

と笑顔でお尋ねしたら、

 

 

 

「だーかーらー、これと同じの出せば良いのよ!!!」

 

 

 

と、また怒鳴る^^;

 

 

いつもやっている行動がそのお客様には通用しない

 

 

化粧品を販売する時は、スキンケアならサッパリタイプ、しっとりタイプ、朝用、夜用等。

 

 

 

メイク用品だって、似たような色もありますし、ちゃんとお客様に確認します。

 

 

 

もし間違って販売してしまったら、わざわざ返品に来るお客様に負担をかけてしまうので。

 

 

 

それでいつもどおりに確認したのですが、そのお客様には通用しませんでした^^;

 

 

 

とにかく怒鳴られっぱなしで、正直うんざりしたのは内緒です。(笑)

 

 

お客様は神様っていう意味

 

多分そのお客様は、ご自分の事を

 

 

 

「お客様は神様なんだからどんな態度を取っても良い」

 

 

 

と、勘違いしていたのでしょうね。

 

 

 

確かに、お客様が購入してくださっているおかげで、私達はお給料を頂けます。

 

 

 

でも、「お金を払っている方が偉い」って感じで店員に傲慢な態度を取る人は、私は大嫌いです。

 

 

 

しかも「お客様は神様」という言葉は、歌手の三波春夫さんが

 

 

 

「お客様の前で歌う時は、神様の前で歌うつもりで歌う」と言ったのが始まりです。

 

 

 

それで「お客様は神様です」

 

 

 

と言っていただけなのに、いつの間にか

 

 

 

「お客様は神様なんだから、傲慢な態度をとっても良い」

 

 

 

と勘違いする人が増えたのは、とても悲しいしおかしなことですね(笑)

 

 

終わりに

 

 

私は、自分がされて嫌なことは、他の人にもしないことにしています。

 

 

 

理由は簡単で、「自分がされて嫌なことは相手も嫌だろう」ということです。

 

 

 

なので、化粧品店は勿論、ファミレスとか喫茶店でも、例え店員さんがミスをしたとしても怒ったとはありません。

 

 

 

ミスをした方は、「どうしよう」とドキドキしているはずなので、

 

 

 

「心配は要りませんよ」という感じで、笑顔で対応します。

 

 

 

だって、誰だってわざと失敗するわけじゃないんだから。

 

 

 

ただ、わざと横柄な態度を取る店員が居たら、Twitterでつぶやきますけど(笑)

 

 

 

今回もご覧いただきありがとうございます(^^)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました