ファブ◯ーズの除菌成分!推奨使用量が異常過ぎ!不妊症の原因にも!

雑学

こんにちはー!るなです(^^)

 

今回は、ファブ◯ーズやリセ◯シュの危険性についてお伝えしていこうと思います。

 

 

人気タレントを起用し、バンバンCMしてるのはみなさんご存知だと思いますが、成分について考えたことはありますでしょうか?

 

 

私は以前、ファブリーズを使用するたびに、なんだか頭痛がしてくることが多かったのです。

 

 

なので、ファブリーズについて色々調べてみました。

 

 

ファブリーズの成分表

 

ファブリーズ本体の成分表には、

 

  1. トウモロコシ由来消臭成分
  2. 除菌成分(有機系)
  3. 香料

 

この3つしか記載がありません。

 

 

1.のトウモロコシ由来消臭成分は、化学物質としてはβ-シクロデキストリンと言って、その安全性を調べてみました。

 

環状のオリゴ糖で、安定化させる目的で使用されているみたいです。

 

皮膚刺激性や眼刺激性は、データ不足のため、今の所わかってはいません。

 

 

それでも、10年以上の使用実績がありますので、個人的な意見として、特に「危険」ということは無さそうですね。

 

 

 

 

2.の除菌成分はQuatといって、第四級アンモニウム塩です。

 

 

マウス実験では

  • メスで妊娠率や生まれる子供の減少
  • オスで精子濃度や運動性が減少した

 

という研究が、米国で発表されています。

 

 

ファブリーズ以外にも、第四級アンモニウム塩は、汗やニオイ対策の薬用化粧品などに、殺菌成分として使用されています。

 

 

尚、「除菌成分の含有量は非公開」とメーカーのP&G社は言っています。

 

 

どれだけ入れているのか、私、不安でたまらないんですけど^^;

 

ファブリーズの使用方法

 

ファブリーズの本体には、

 

  • 発汗の除菌に・・・各20回スプレー
  • 掃除の仕上げに・・・各20回スプレー
  • 加齢臭・男のニオイに・・・各10回スプレー

※上の回数を目安に、まんべんなくスプレーしてください。

 

と記載されています。

 

 

そんな回数スプレーしたら、洋服や布団がびちゃびちゃになるほど染みます。

 

 

それが使用量の目安と記載されていたら、使用者はそのくらいスプレーするんでしょうね。

 

ファブリーズを使い続けると

 

ファブリーズって、結局スプレーすることによって、嗅覚を刺激します。

 

嗅覚の粘膜って、すぐに脳に達するんです。

 

 

そのため、お子さんは小児アトピーになりやすく、おとなでもアトピー、喘息、頭痛などになりやすいです。

 

 

あとは、最初の方で申し上げた不妊の原因にもなります。

 

 

私がファブリーズを使用するたびに頭痛が起きていたのはそのためだったのかー!!と、納得しました。

 

 

なので現在は、ファブリーズもリセッシュも使用せず、安心安全な材料だけで、消臭スプレーを作っています(^^)

 

 

安心安全な消臭スプレーとは?

 

セスキワイド

 

1つ目は、石けん百貨さんのセスキワイドを、浄水器の水で薄めて振り混ぜるだけです(^^)

 

めっちゃ簡単ですが、こちらであれば元々がセスキのため、お掃除などにも使えますし、一石二鳥ですよ(^^)

 

ただ、セスキワイドには今の所、元々アロマオイルが入っていて無香料のものが無く、こちらの香りが気に入らない方には使って頂けないですねえ・・・

 

アルコールで手作り

 

2つ目は、ドラッグストアで販売されているアルコール(水と混ざっているもの)と精製水(浄水器の水でも大丈夫です)とお好きなアロマオイルで作るものです。

 

 

アルコール1に対して、精製水を4~5入れます。最後にお好みのアロマオイルを3滴くらい入れます。

 

 

アロマオイルはお好みでOKなのですが、私はティーツリーが大好きなので、ティーツリーオイルを使用します♪

 

 

作り方も簡単ですが、なるべく痛むのを防ぐため、小さな容器に作って早めの使用をおすすめします。

 

 

安心できる材料だけで虫除けアロマスプレーを作ってみた!G対策にも!の記事でお伝えしたように、なるべくアルコール対応の容器に作ってくださいね(^^)

 

 

それでは、これからも有益な情報をお伝えしていこうと思います。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました