知らなかった生命保険会社の闇!泥沼にはまらないうちに退職しました!

雑学

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

今回は、多分皆さんの半分くらいはご存知であろう、生命保険会社の闇についてです。

 

 

とりあえず、我が家の息子、ジャンガリアンハムスターのやすくんの寝顔を見て、癒やされてからにしましょうw

 

 

砂の下にパネルヒーターを置いているので、暖かくなってウトウトしているみたいです(笑)

 

 

さて、保険会社って色々ありますが、私は20代の頃、A生命の外交員をしていました。

 

 

自分が生命保険の外交員をするなんて思っても見なかったのですが、たまたまうちの毒親が入っていたのが、そのA生命で、担当者が来たときに「研修だけでもお金貰えるよ!」と誘われたのです(笑)

 

 

ということで、研修を受けに行って、試験も合格し、無事生命保険外交員として活動を始めたのでした。

 

上司との同行は緊張だらけ

 

私の直接の上司は、私を保険外交員に誘ってくれたIさんという女性だったのですが、その女性の上にKさんという男性が居て、同じ保険会社でも、グループがいくつかに分かれていました。

 

 

仕事を教えてくれるのは、KさんかIさんでした。

 

 

Iさんは美人で明るくて冗談もよく言ってくれて、最初は大好きでした。

 

 

そう。本性を知るまでは。

 

Iさんの本性って?

 

Iさんはその時30代後半で、子供が2人。それなのにスタイルも良いし年齢よりも遥かに若く見えるし、本当に憧れでした。

 

 

ある日、出かける前に、2人でお客様へお渡しするプリントを作っていたんです。

 

 

そのときにIさんは言いました。

 

 

「あの人、何が面白くて生きてるんだろうね。」

 

るな
るな

え!あの人って・・・?

聞いたら、ちょっと離れた所に、同じグループだけど班が違う女性が居ました。

 

 

その人は見た目暗い感じで、挨拶くらいしかしたことありませんでしたが、でもIさんの言い方・・・

 

 

「ああやって毎日ぼさーっとしててさ、彼氏だって居そうもないじゃんwww」

 

 

・・・私はIさんの言葉に、何も答えられませんでした。

 

 

違う時にも、Iさんと同い年の女性が居て、Iさんはかなりの美人でスタイル抜群だったのですが、その同い年の女性は、見た目あまりきれいな人ではなく、太っていました。

 

 

するとIさんは

 

「ほら、あの人、なんかいつも私の真似するのよね。」

 

るな
るな

そうなんですか?

「だって、私昨日三編み2つ作ってきたでしょ?そしたら彼女、今日同じ髪型してきたじゃない。他の日だって、前の日に私がしてきたヘアスタイルしてるから、見てみてw」

 

と、笑っています。

 

 

そして

 

 

「似合いもしないのに(笑)」

 

 

その言葉を聞いて、がっかりしました。

 

 

私の憧れてた人って、こんな人だったんだ・・・

 

エリアのお客様に言われたこと

 

外交員って、自分が行きたいお客様のところだけに行けば良いわけではなく、エリアも決められるので、N地域は私の担当になりました。

 

 

以前他の人の担当のときに契約してくださった方なので、新しくこちらの地区の担当になりましたとご挨拶に言った所、たまたま小さな会社の社長さんだったのですが

 

 

「あんた、若いのに偉いねえ。こんな大変な仕事して。」とおっしゃったんです。

 

るな
るな

あ、いえ・・・

実は、私はその時、その社長さんの言ってる意味がわからなかったんです。

 

 

同僚が2人一気に辞めた

 

以前、Iさんが悪口を言っていた女性と、あともうひとり、結構私と仲良くしてくれていた女性が、いきなり辞めてしまいました。

 

 

確か私が入社して1年ちょっと経った頃です。

 

 

その時、私も上司のKさんとIさんのやりかたが気に食わない・・・って言ったら失礼ですけど、もうあの人達のやり方にはついていけないな~って悩んでいた所だったのです。

 

 

ある時、家に居たら、その辞めた結構仲良くしてくれていた女性から電話がかかってきたんです。

 

 

「あのね、どうして私達が辞めたのか、るなさんには本当の事を知ってほしくて。」

 

 

近くの喫茶店で待ち合わせをして、話を聞いたら、それは驚きの内容でした。

 

 

闇の真実

 

実は、同じグループのUさんていう人が、毎月順調に契約を取ってくるので、彼女も美人なのに全然気取らなくて「キャリアウーマン」って見た目のすごく素敵な人。

 

さすが、仕事出来るな~って思っていたんです。

 

 

そしたら実はその人は、ある条件で、契約を取っていたとのこと。

 

 

ちょっと、はっきり書くのもアレなので、ぼかしましたが、それでエリアの社長さんに言われた

 

 

「あんた若いのに偉いねえ。こんな大変な仕事して。」って言葉の意味がわかったんです!

 

 

そのUさんから直接聞いたわけでは無いそうなんですが、Uさんの上司(女性)が

 

 

「Uさんにいつも、契約取る時身体使うなって言ってるんだけど、あの子いつも使ってるのよね」

 

 

って話してるのを聞いたそうなんです・・・

 

 

これって、それ以外に解釈出来ない言葉ですよね・・・

 

るな
るな

えー!聞き違いじゃないんですか^^;

と言ってみたものの・・・2人の顔は真剣です。

 

 

他にも色々沢山聞いたことがあり、私も早めに辞めるように勧められました。

 

 

「あんな会社に居たら、みんな同じことして契約取ってるって思われるし、泥沼にハマる前に早く辞めたほうが良いよ!!!」

 

終わりに

 

結局私は、その2人の言うことを聞き、有給を全て使い切ってから退職しました。

 

 

自分の上司の、美人でも性格が悪いIさんや、奥さんの他に彼女が居たKさんのやりかたも自分には合わなかったし。

 

 

そうやって悩んでいたときに、事実を教えてもらえたので、辞める決心が出来ました。

 

 

名前は出さないけど、あのときのお二人さんには感謝しています。

 

 

ありがとう(;_;)

 

 

 

保険の外交員って、みんながみんな、そういうことをしているわけではありません。

 

 

でも、やっぱり、私も何度かそういうことを言われたことがあるので、そう思っている人の数は多いかもしれません。

 

 

真面目に頑張ってる人には申し訳ないのですが、これは私がかつて働いていた職場の出来事ですので、頑張りたい人は、これからも真面目に頑張ってくださいね。

 

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました