痴漢に対しての対応!どうすれば一番効果的?私の体験からわかったこと

雑学

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

いきなりですが、「痴漢」・・・って、嫌な行為ですよね!

 

 

痴漢から女性を守るために女性専用車両は作られるし、それに対しても差別だなんだのと抗議する男性陣。

 

 

先日は女性専用車両で女性たちに「降りろ!」とコールされても「嫌だ」と無理やり居座って、結局電車が遅れたって話もありましたよね。

 

 

その男性の言葉

 

 

「じゃあ、今だけ女」

 

 

あほかwww

 

 

お茶を噴いてしまいました^^;

 

 

 

ということで、今回は痴漢について考えてみたいと思います。

 

 

痴漢はおとなしそうな女性を狙う?

 

 

 

先日、Twitterで色々話してたのですが、結局痴漢っておとなしそうな女性を狙う傾向があるみたいです。

 

 

理由は、ご想像どおり「痴漢されても怖くて声に出す勇気がなさそうだから」

 

 

あとは「もし声を出したら周りから注目されて恥ずかしい」という思い。

 

 

それで痴漢は、おとなしそうな女性を好んで選んでいるみたいです。

 

 

日本の変な所

 

 

日本ではどうして加害者よりも被害者が恥ずかしい思いをしないといけないのか、それは本当に謎ですよね。

 

 

もしなにか事件があっても、加害者は「50代の無職の男」とか言われるのに、被害者は住所や本名、年齢、職業まですべて個人情報を発表されます。

 

 

これっておかしくないですか?

 

 

おかしいと思っているのは決して私1人だけではないはず!!

 

 

中3の夏に初めて痴漢にあった

 

地元では夏に3日間連続でお祭りがあるのですが、ものすごい人・人・人です。

 

 

今でこそ行きませんが、当時は中学の仲の良い女子5人くらいで一緒に出かけたんですよ。

 

 

人が多くてなかなか前に進まない中、制服のスカートのおしりのあたりに、撫でるとはちがう何かを差し込む(体の前から後ろまで縦に)感じがしました。

 

 

それまで痴漢を知らずに生きてきたので、「誰かのバッグが当たったのかな?それにしても変な当たり方」と思いつつ、隣に居た人を見たら・・・

 

 

その男性は背が高く痩せ型で色黒、ギラギラした目で私のことを見つめていました

 

 

ふと怖くなり、即目をそらしたのですが、ちょっとした恐怖が私を襲いました。

 

 

でもその男は今度は前の方に移動し、前列に居た私の友達が「きゃー!誰?」と叫んだのです!

 

 

時間がかかりましたがやっと追いついて話を聞くと、彼女も私と同じことをやられたそうです。

 

 

「あ。きっとさっきのギラギラした目の男だ。」と思いました。

 

 

もう本当に、満員電車とかお祭りで人が多いところは気をつけないといけませんね。

 

 

夜行バスで寝ていた時に

 

今度は夜行バスに一人で乗ったときの話です。

 

 

左隣の席は若い男性でした。(知らない人です)

 

 

当時から私は眠剤(夜眠るための薬)を飲まないと眠れなかったので、ドクターに処方された薬を飲んでから眠りにつきました。

 

 

すると・・・何時間か経った頃かわかりませんが、体に異変を感じました。

 

 

「なんか・・・触られてる?」

 

 

その手は私の下着の中まで入ってきて、とても嫌だったのですが、眠剤を飲んでいるため、声も出ないし抵抗も出来ないし、されるがままでした。

 

 

一応本人は、声もだして抵抗もしているんですけど、薬のせいで力が入らないと言うか・・・

 

 

ちょっとだけ声が出たのか動けたのかわかりませんが、その手は止まりました。

 

 

その後は薬の影響でそのまま寝てしまい、朝目的地に着いて左隣の男に話しかけようとしたら、その男は逃げるようにバスからどの客よりも先に降りていきました。

 

 

結局バス会社の人にも何も言えず、夜行バスを降りた私。

 

 

よく女子大生とかがお酒に薬を混ぜられていたずらされたというニュースが流れますが、多分こういう感じで、薬のせいで抵抗できないんだと思います。

 

 

中央線で痴漢にあった

 

中央線はいつも混んでいるので、相変わらず私は手すりに捕まって立っていました。

 

 

そしたら、ミニスカートの私のお尻を撫で回して居るやつが居たんです。

 

 

最初はちょっとだけ我慢していましたが、あまりにもしつこいため、

 

 

触ってる右手と洋服を自分の目で確認してから、自分の右手でその手を捕まえました!

 

 

でも男のほうが握力があるのでサッと振りほどかれました。が、そこでひるむ私ではありません。

 

 

その男の目を見て、

 

 

「てめーさっきから何ひとのケツ触ってんだよ!!」と怒鳴りました。

 

 

すると、相手はビビリ

 

 

「ぼ、僕なにもしてませんけど・・・」と震える声で言いやがりました。

 

 

「はあ?さっきからひとのケツ触りまくってたよなあ?その赤と白のチェックのシャツはおめーだけだぞ!」

 

 

そうです。その痴漢は、まわりのリーマンと違って赤と白のチェックのシャツを着ていたんです(笑)

 

 

するとその男は固まって、「絶対に捕まりたくない!」と思ったんでしょうね。

 

 

ちょうど次の駅についた途端に逃げやがりました。

 

 

私も本当は追いかけたかったんですが、仕事に行く途中だったので、諦めました。

 

 

でも、周りの人は誰も助けてくれなかったけど、あんな満員電車の中、私の周りは半径50cmくらい、誰も居なくなりましたよ(笑)

 

 

多分、「痴漢にああいうふうに言うなんて怖い人」と思われたのかも^^;

 

 

すぐ次のお客さんが入ってきましたけどねw

 

 

でも、痴漢はおとなしそうな女性を狙うはずなのに、私はその時金髪で耳だけで16コボディピアスを着けていました。

 

 

そんな私を、なぜ痴漢は狙ったのでしょうか?

 

 

私の予想では多分、ミニスカートのお尻しか見ていなかったんだと思います(笑)

 

 

まとめ

 

  • 痴漢は基本、おとなしそうな女性を狙う!
  • 夜行バスで隣が男性なら、要注意!
  • 電車の中で痴漢にあったら、冷静に観察して痴漢を特定(冤罪を防ぐ為)
  • その後に「やめてください!!!!」と叫ぶ!
  • 痴漢は犯罪です!

 

怖くてされるがままだと、次に同じ痴漢にあったときも同じことをされますよ!

 

 

最悪、「この子は痴漢されても何も言わない」と思われ、違う痴漢にもやられます。

 

 

徹底的にこちらから「拒否!」という意思を伝えましょう。

 

怖いのはわかります!

 

私だって最初の頃は怖かったし。

 

 

でも、はっきりと痴漢を特定し腕を掴んだので、あの男はもう私にはやらないはずです。

 

 

いかにもIT系の指がきれいな、メガネをかけた若いお兄さんでした。

 

 

もしまたあたしに触ってきたら、今度は追いかけるからね(ニヤリ

 

 

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました