バスボム(入浴剤)の作り方!安心して使えるのにとっても簡単!

ナチュラル生活

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

バスボムってご存知ですか?

 


LifeAround2Angels バスボム 入浴剤 ギフトセット12個入り bath bombs USA made Fizzies, Shea & Coco Butter Dry Skin Moisturize, Perfect for Bubble & Spa Bath

 

こんな感じの入浴剤のことなのですが、有名メーカーからも市販されていますが、結構お値段しますよね・・・^^;

 

 

今、我が家では夫婦共シャワーオンリーなのでバスボムを使うことは無いのですが、以前はバスボムを手作りしていました(^^)

 

 

安全な材料で、とっても簡単に作ることが出来るんですよ♪

 

 

バスボムの材料(1個分)

 

  • 重曹(食用グレードのもの)大さじ2
  • クエン酸         大さじ1
  • 粗塩           大さじ2
  • 精油(100%本物)     4~5滴

 

このときに注意するのは、「全て100均で揃えようとするのは無理」ということです。

 

 

私が色々な100均で調べた時には、重曹は売っていましたが、食用グレードではありませんでした。(現在は食用グレードも販売されているかもしれません)

 

 

また、精油(エッセンシャルオイル)も100均のものはアルコールが入っている偽物です。

 

 

あなたの身体のためにも、是非精油100%のものをお選びくださいね(^^)

 

バスボムの作り方

 

先程もお伝えしたように、我が家では今は浴槽に浸からないので写真が無く申し訳ないのですが、

 

順番にお伝えしますね(^^)

 

 

  1. 乾いたボウルに重曹、クエン酸、粗塩を入れ軽く混ぜる
  2. それをビニール袋に入れ、お好みの精油を加え、1~2分ほどよく揉みます。
  3. 固くなってきたら(あったら)型に詰め、ぎゅーっと押します。
  4. 型から外し、約1時間ほど乾燥させたら完成です(^^)

 

でも・・・この型から外すときに、私はしょっちゅう失敗してバラバラになるので、結局自分の手でおにぎり状に握って固めていました^^;

 

どうしても固まらない時には、そのままお風呂に入れちゃいます(笑)

 

 

手作りバスボムをお風呂に入れるとどうなるの?

 

  1. まず、市販のバ◯とかの入浴剤のように炭酸がじゅわ~っとなるので、楽しめる
  2. 精油の良い香りで癒やされる
  3. 粗塩で身体がポカポカ
  4. 浴槽から汚れ(垢)が落ちやすいので、お風呂掃除が楽ちん
  5. もしお風呂の椅子や洗面器、湯おけなどお使いなら、お風呂から出た後に浸けておくと汚れが落ちやすくなります(^^)

 

おすすめの重曹

 

私はいつも、パックスナチュロンの重曹を使用しています。

 

 

こちらは勿論、食用グレードです(^^)


パックス重曹F 2kg

 

Amazonなら、定価よりもだいぶお安く買えます。

 

2000円以上にならないと送料がかかるらしいので、他のものとまとめて2000円以上になるように工夫しましょう(^^)

 

 

おすすめの精油

 

こちらはAmazonで簡単に手に入れたい方向けですが、


生活の木 アロマオイル エッセンシャルオイル 人気3本セット (ラベンダー フランス産 ・ティートゥリー・オレンジスイート 各3ml) (アソート1) 精油 AEAJ 表示基準適合認定精油

 

こういうものがあります。

 

生活の木のショップがお家の近くにあれば、実際に行って実物を確認することが出来ますが、

 

 

私は今、生活の木の精油を使用していますし、比較的価格もお安いのでおすすめです(^^)

 

 

寝る前にお風呂に入る方は、ラベンダーとか良いと思います♪

 

 

最後に

 

私は今、すっかりナチュラル生活にハマってしまいました。

 

 

頭痛がするのも体調が悪いのも肌荒れするのも、合成のもののせいだということがわかってきましたので、

 

 

今は極力合成のものは使わないようにしています。

 

 

今後も、このようなナチュラル生活情報をお届けしたいと思っています(^^)

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました