昨日の通院日!あることがきっかけで久々に毒親のことを思い出した!

毒親

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

昨日(10月28日)は通院日だったのですが、日中にいきなり睡魔に襲われて、目が覚めたらバスの時間でした・・・

 

 

いつもは14時~カウンセリングを予約するのですが、今回は私の担当の心理士さんが15時~しか空いていなくて、しぶしぶ15時~予約を取りました。

 

カウンセリング60分の次が、数ヶ月に1回の採血。

そのあとに診察でした。

 

 

「消毒のアルコールは大丈夫ですか?」と聞かれ、「大丈夫です(^^)むしろ大好きです♪」と答えると、「えー!変わってますね^^;」と言われ・・・

 

 

やっぱりみなさん、消毒のニオイとか血液検査とか、嫌な人が多いみたいですね。

 

 

私は小さな頃から消毒して針がちゃんと刺さるのを、自分の目で確かめていたので、自分にとっては当たり前のことなんですけどねえ^^;

 

 

というわけで昨日は通院日だったので、帰宅したら疲れ切って即寝る予定だったのに、反対に一睡も出来ませんでした(;_;)

 

 

帰りのバスの中でちょこっと寝てしまったのですが、運良く自分が降りるバス停で目覚めました^^;

 

 

で、帰ってきてからも掃除をしたりしていて、まだ眠れません。

 

 

まあ、眠くなったら寝るんだろうなと、気楽に構えています(笑)

 

 

そころでタイトルに毒親のことを思い出したと書きましたが、これは行きの電車の中でなんです。

 

 

電車で座っていたら、おばさま方が4人やってきた

 

いつもは京王線で病院へ向かうんです。

 

 

理由は、中央線はしょっちゅう事故で停まるし、しかも京王線よりも100円くらい高いんですよね^^;

 

なので、都内(23区)に行く時には京王線をメインに使用しているのですが、昨日はカウンセリングの時間がいつもよりも1時間遅かったので、何時くらいに出かけたら良いのかな?ということで、アプリで調べたんです。

 

 

時間はわかったのですが、その間パソコンで作業しようと思ったら、またいつもの「突然の睡魔」がやってきて、ハッと気づいたら、もうバスの時間でした(;_;)

 

 

我が家からバス停は結構近いのですが、ギリギリまで部屋着で居たので着替えが必要です。そのため、家を出たのは予定よりも15分くらい後でした。

 

 

それからまたアプリで到着時間を調べたら、間に合う京王線がもう無かったので、しょうがなく中央線に乗って行きました(;_;)

 

 

すると、途中の駅で、優先席ではなく普通席に座っていた私の周りの席が3人分開きました。入ってきたおばさまたちの団体。(いや、4人で団体って言いますかね?^^;)

 

 

全員一緒らしかったし、せっかくなので私が立って全員座ってもらおうかなと思ったら、「それはだめ!大丈夫よ、私の脚は太いから丈夫なの(笑)」とお断りされました。

 

 

ひょっとして、私が前に抱えていたリュックのヘルプマークに気づいたのかな?と思い、申し訳なかったのですが「すみません。」と言い、座らせていて貰いました。

 

 

そしたら私の隣に座った方と、席を譲ろうとしたときに断った女性は、九州からいらっしゃったとか。仲良く女性達で旅行かな?と思ったら、宗教の集まりだったらしいです^^;

 

 

えー!わざわざ九州から来るような宗教の集まりですか???とビックリしたのですが、その宗教と言うのが、うちの毒親が以前入っていた宗教団体だったのです・・・

 

 

新興宗教と言うのですかね?まだ生きてる人間を神のごとく崇めて、〇〇様、△△様と呼びます。

 

 

(そういうのって、悪いんですがオウム真理教とかを思い出しますよね^^;)

 

 

それで、災害があちらこちらであると、ボランティアをやりに、遠くまでも行くと言っていました。

 

 

「団体の名前は明かさないけど、実は私達なのよ」と^^;

 

 

「同じ教えに導かれてる者同士は、全員仲間」みたいな言い方をしていました。

 

 

あとは別に、私のヘルプマークに気づいて席を譲られるのを断ったわけではないみたいで、お酒の話になったときに「私は薬飲んでるので、お酒呑めないんですよね」と言ったら、「そういえば、このマークは何?」と聞かれたので、説明しました。

 

 

「外見からは見えない障害や病気を持っている人のマークです。あそこの優先席にも、このマークが貼られていますよね?」

 

 

と言ったのですが、福岡ではまだ広まっていないそうです。

 

 

東京発祥なので、まだまだ地方までは完全には広まってないんですね・・・早く広まって欲しいですね。

 

 

すると、呪文みたいな言葉を教えてくれました。

 

 

興味が無いので忘れてしまったのですが(すみません・・・)その言葉をいつも唱えていると幸せになれるそうです。

 

 

みなさん明るくて素敵なマダム達でした(^^)

 

 

うちの毒親がなぜその宗教に入ったのかはわかりませんが、きっと私のことを思い通りに動かしたかったからではないかな?と思っちゃいました^^;

 

それこそ「神頼み」的なやつ^^;

 

 

でも今は、友達に誘われて違う宗教を信仰しています。

 

 

無宗教の私から見たら、よくわからない行動をしていますが、とにかく自分の思い通りに支配できると思っていた私が居なくなったので、何かを頼って生きていたいのかもしれません。

 

 

ということで、カウンセリングの15分前くらいには到着できたので、セーフでした(^^)

 

めちゃめちゃ混んでいた病院

 

え!今日は何かあったの?と驚くほど病院は混んでいて、30人ほど座れる席があるのですが、立ってる患者さんも居たので、なんで今日はこんなに混んでるんだろう?と不思議でした。

 

 

まあ、時間よりちょっと遅れてカウンセリングと、その後に血液検査、それから診察。

 

 

あることの為に、ドクターに診断書をお願いしたら、「早く欲しいだろうから2週間後に来てね」とおっしゃり、次の通院日は2週間後になりました。

 

 

同じフロアに薬局があるのですが、薬局も患者が全員座れなくて、めっちゃ混んでます^^;

 

 

こんなに混むなんてどうしたんだろう・・・本当に不思議でした。

 

最後に

 

毒親を心の底から恨んでいるので、その宗教の名前を聞いたときにも、凍りつきそうになりました。

 

よろしかったら、愛情不足だと何でもかんでも欲しがるの?その理由と毒親の存在と、毒親にドンブリで頭を殴られた!我が子を亡き者にしようとした最低女!も合わせてお読み頂けたら嬉しいです。

 

自分の実の親なのに悪口を言うなんて、罰当たりな。などと思う方も多いかもしれません。

 

でも、私の本当の親は、夫の親だと思っています。

 

夫の両親を大切にします。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました