最近話題の◯オーガニックという化粧品について!悪い成分は本当に入ってない?

化粧品

こんにちはー!るなです(^^)

 

最近Twitterでプロモーションされてる◯オーガニックという化粧水と美容乳液ですが、

 

  1. エステが必要なくなった
  2. たった2本でスキンケア完了
  3. 高品質な成分をふんだんに使っている
  4. 乾燥、小じわ、ハリ・毛穴対策
  5. 肌荒れ対策
  6. 余分な成分は一切無配合

 

で、7日間お試しセットがちょっと安く販売されているみたいですが、これって本当だと思います?

 

特に6番。

 

  • エタノール
  • 合成香料
  • パラベン
  • 鉱物油
  • 着色料
  • 石油系界面活性剤

 

以上のものは入れていません。と公式サイトには記載されています。

 

 

しかし、全成分が記載されていないのは気になりますね。

 

 

見たところ、インスタグラムでこの化粧品を紹介している女性たちは、予めこの化粧品を「頂いた」と言っています。(ポロッと出ちゃったんでしょうかね?それとも意図的に?)

 

 

つまり、「使ってみて良かったら感想をお願いします」と頼まれたモニターさん達ですね。

 

 

「有名雑誌でも多数掲載」と、雑誌の表紙が載っていましたが、肝心の記事の部分は一部ユーザーの声しか載っていません。

 

 

とにかくこれが本当なら、宣伝費は掛けていますね。(笑)

 

 

全成分を調べてみた

 

 

公式サイトには何故か全成分が掲載されていませんでしたので、(本来記載しなければならないはず)全成分を調べてみました。

 

モイスチュア&バランシング ローション水、BG、グリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、カニナバラ果実エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ラベンダー花エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、レモン果皮油、クスノキ樹皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ショウズク種子油、ビターオレンジ花油、1,2-ヘキサンジオール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ラフィノース、キサンタンガム、フェノキシエタノール

モイスチュア&バランシング セラム
水、グリセリン、BG、スクワラン、エチルヘキサン酸セチル、メドウフォーム油、ミリスチン酸オクチルドデシル、ポリソルベート60、カニナバラ果実エキス、セージ葉エキス、セイヨウサンザシ果実エキス、ラベンダー花エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、レモン果皮油、クスノキ樹皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ショウズク種子油、ビターオレンジ花油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、DPG、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、カルボマー、ジメチコン、水酸化K、キサンタンガム、ベヘニルアルコール、トコフェロール

参照:https://kirei-plus.net/archives/58645

 

 

あれ?パッと見ただけで、フェノキシエタノールが入ってるじゃないですか!!

 

これは防腐剤ですよ(笑)

 

最近では、パラベンを入れない代わりにフェノキシエタノールを入れることが多いですね。

 

 

トコフェロールも酸化防止のために入っていますね。

 

 

エチルヘキサン酸セチルは、エモリエント作用がありますが、軽度の皮膚刺激を感じる人が居ますね。

 

 

1,2-ヘキサンジオールは、パラベンの代わりに抗菌、防腐のために配合されているようですね。お肌が丈夫な方にはアレルギー性はありませんが、重度の眼刺激があるという結果が出ています。

 

逆に言うと、お肌が弱い方には、アレルギー性接触皮膚炎が見られます。

また、アメリカでは1,2-ヘキサンジオールを扱う職場で継続的に働いてる人は、腎臓や肝臓への悪影響がある、との注意喚起がなされています。

 

1,2-ヘキサンジオールはまだ新しい成分で、動物によるガン実験がされていないため、「情報なし=安全」と日本では思い込まれていますが、

アメリカでは長期に渡って使い続けると、肝臓や腎臓、それから神経系統に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

 

 

DPGは抗菌剤ですね。(刺激はほとんど感じられないみたいですが)

 

 

ステアリン酸ソルビタンは、非イオン界面活性剤で殆ど刺激が無いものです。

 

 

ジメチコンは、洗い流さないトリートメントなどにも配合されており、消泡剤としても有名です。

今回の場合は、乳化する時に出来る気泡を除去するために配合されたのでしょうね。

 

 

ベヘニルアルコールは界面活性剤です。若干の眼刺激が起こる場合もあります。

 

 

トコフェロールは抗酸化成分で、若干の眼刺激性が起こる可能性が高いです。

 

 

※以上、特に問題ない成分は割愛させていただきました。

 

 

売りたいために全成分を掲載していない?

 

なんだかこれを見ると・・・売りたいために全成分を記載していないような気がしてなりません。

 

 

公式サイトってほぼ「良いこと」しか書かれていませんからねw

 

 

まあ、全成分表を素人が見ても、見慣れないカタカナだらけで、なんのこっちゃ?って感じでしょうけど^^;

 

 

終わりに

 

以上、伏せ字にて現在大人気の化粧品を分析してみましたが・・・

 

 

これでもあなたは購入したいと思いますか?

 

 

購入したいと思うのなら、購入して良いんですよ。

 

 

 

ただ私は、いつも事実をお伝えしているだけですので(^^)

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました