睡眠時無呼吸症候群!寝る時にあるものを使うと良いと言われ実験してみた

睡眠時無呼吸症候群

※2019年6月27日更新済み

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

私は睡眠時無呼吸症候群のため、常に眠くて、毎日昼寝をしないと身体も精神も持ちません。

 

 

 

ところが、あるテレビ番組で、専門家の先生が

 

 

「寝る時にあるものを使うことによって、睡眠時無呼吸症候群になるのを防げる」

 

 

とおっしゃっていました。

 

 

今回はそのことについて実験してみた結果をお知らせします(^^)

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群は人それぞれ

 

大抵の原因は「太っていると舌も太るため、上を向いて寝ていると喉に舌が落ち込み、睡眠時無呼吸症候群になりやすい。

 

 

ということで、太っている人がなりやすいという病気だと思われています。

 

 

ところが、痩せているお年寄りや、痩せている若い女性も睡眠時無呼吸症候群になるんです。

 

 

その番組(番組名忘れたw)で専門家が言っていた内容は

 

 

  1. 太っている人は舌も太るため、仰向けで寝ると舌が気道を防ぎやすい
  2. お年寄りは舌を支える力も無くなるため、仰向けで寝ると舌が気道を防いでしまう
  3. 痩せている若い人でも、小顔といわれるタイプの人だとあごが小さいため舌が気道を防いでしまう
  4. 仰向けではなく、横向きで寝ると舌が気道を防ぐことがない

 

 

これに関しては、私、2番以外は知っていましたよ。

 

 

なので、寝る時には最初は必ず横向きで寝ていたんです。

 

 

でも時間が経って寝相が悪い私は、きっと仰向けになってしまうんでしょうね・・・

 

 

それで、1時間に平均10回くらいは舌が気道を防ぎ、酸素濃度が薄くなり脳や心臓に酸素が行かなくなる。ということですね。

 

 

心臓に負担がかかるため、突然死もあるらしいです。

 

 

なので、睡眠時無呼吸症候群って甘く見てはいけないんですよ。

 

 

ずーっと仰向けにならないようにするには?

 

そうです!寝ている間、ずーーーっと仰向けにならなければ、舌が気道を防ぐことはありません。

 

 

でも人間ですから、ほとんどの人は寝返りを打ちます。

 

 

それを防ぐために専門家が考えたのが

 

 

リュックを背負って寝る

 

 

ということです(笑)

 

 

ちょうど私はリュックを持っていますし、試しにリュックを背負って寝てみました。

 

 

 

でも、肩の紐をかなり短く調整しないと、リュックを背負ったまま仰向けになれてしまいます。

 

 

 

こりゃだめだと、まずリュックの肩紐を自分の身体に合わせて何度か調整してみました。

 

 

あとは、リュックをかなり膨らませば動けなくなるな。と考え、ウエットティッシュをたっぷり詰め、パンパンにしました(笑)

 

 

こちらの5個組ウェットティッシュをそのままリュックに入れました(笑)

 

 

その他、いつも持ち歩いているイヤマフや、お財布、ハンカチ、ティッシュ、その他全て入りきった状態で実験開始です(^^)

 

 

仰向けにならないか実験開始

 

まず、右を向いて寝ました。

 

 

試しに夫が左側から仰向けにさせようと頑張ったのですが、だめだったので

 

 

るな
るな

よし!いい感じだね♪

 

と、安心して寝ました。

 

 

ところがいつもならトイレにも起きずに朝まで寝ているのに、昨夜に限って夜中の3時に目が覚めました。

 

 

寝る前の薬を飲む時に水分取りすぎたかなあ?など考えトイレを済ませ、のどが渇いていたため冷蔵庫の中のプーアール茶を少し飲む。

 

 

寝室に戻り、また右向きで寝ました。

 

 

いつもの癖で目が覚めた時にスマホを見ようとしちゃったんですが、今回は実験の為、我慢我慢!

 

 

すぐにまた眠りにつけたようです。

 

 

朝になって

 

ん?テレビの音がする?と思い時間を見たら7時になるところでした。

 

 

今日は日曜日ですが、夫は休日出勤です。

 

 

慌てて起きてお見送りしました。

 

 

 

起きた時も、しっかり右を向いていました。

 

 

 

るな
るな

今日はずーっと仰向けにならなかったから、今日はバッチリね!

 

と思い、家事をしてPCに向かいましたが、あさからあくびの連続で、とうとうものすごい眠気が来ました。

 

 

るな
るな

え!どゆこと?

 

時計を見たら10時。

 

 

起きてからちょうど3時間です。

 

 

るな
るな

おかしい。おかしすぎる。。。

睡眠時無呼吸症候群の対策はバッチリなのに、なぜ昼間めちゃくちゃ眠くなるの?

 

まだ1日しか実験はしていませんが、睡眠時無呼吸症候群の対策としてはバッチリのはずです。

 

 

仰向けに寝なければ、普通に呼吸が出来ているはずなので。

 

 

 

なのに昼間眠くなるのは・・・もしかしたらADHDの症状かもしれませんよね^^;

 

 

今夜からもずーっとリュックを背負って寝る予定ですが、それでも日中の睡魔が無くならないのであれば、ADHDの眠気だと思います。

 

 

最後に

 

私は素人ですので、勝手に判断することは出来ませんが、ずーーーーっと横向きで寝ているのに酸素濃度が薄まるはずがありませんよね?

 

 

ということは、私はADHDもあるので、残るはそれしか考えられません。

 

 

次の通院日に、カウンセラーさんとドクターに相談してみようと思います。

 

 

さて、今夜もリュック背負って寝るぞー!(笑)

 

 

ということで、5日間連続でリュックを背負って寝ましたが、必ず3時~3時半の間にトイレに目覚めるということがわかりました。

 

 

理由はわかりませんが、今まではトイレにも殆ど起きない人だったのに、不思議です。

 

 

しかも、昼間も必ず眠くなり、毎日2時間の昼寝は欠かせません。

 

 

これはやはり専門家に相談するしか無いですね^^;

 

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました