小麦(グルテン)が身体に悪いって本当?パンもアレルギーの元になる?

雑学

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

まだまだ眠たいお年頃(?)で、今日も2時間寝てしまいました。

 

 

今日で、病院から処方された薬を飲み続けて4日目。

 

 

多分あと3日くらいで調子が出てくるかな?って期待しています。

 

 

この眠たい病がよくなってくれたら、日中色々頑張れるのになあ・・・

 

 

さてと、今日のお話は、小麦(グルテン)のお話です。

 

 

たまに、小麦アレルギーの人も居ますよね。

 

 

小麦って基本的に、身体に良くないんです。

 

 

これからその理由をお伝えしていきますね(^^)

 

小麦のことをグルテンと呼ぶ理由

 

 

 

小麦というのは、グルテンと呼ばれますが、それはグリアジンとグルテニンとで出来ているためです。

 

 

なので結局グルテンの働きというのは、グリアジンとグルテニンの機能によって決まります。

 

 

小麦粉を水で練ると、ゴムのようにグニグニしてきますよね?なのでグルテンと呼ばれています。

 

小麦粉を食べるとどうなるの?

 

小麦粉(グルテン)は、水分を含んで身体の中に入ると、ベタベタして流れないので、まず消化に時間がかかります。

 

 

実は、ベタベタして、腸にへばりつくんですよ。

 

 

なので、身体に悪いものを出せなくなってしまいます。

 

 

グリアジンの中毒症状

 

先程、小麦の中にはグリアジンが入っているとお伝えしましたが、これが曲者で、モルヒネのように中毒症状を引き起こしてしまうんです。

 

 

普通のお米のご飯なら、お腹いっぱいになったらもう食べられませんけど、グリアジンが入っている小麦粉を使った料理は、もっと食べたくなります。

 

  • お好み焼き
  • たこ焼き
  • うどん
  • パン
  • パスタ

などなど。

 

血糖値を上げる

 

白砂糖は血糖値を上げる、ということは、大抵の方もご存知かと思います。

 

 

しかし、小麦に含まれるアミロペクチン(アミノペクチンではないですよ)も、血糖値を上げるんです。

 

 

ですので、小麦も食べすぎると糖尿病になりやすいのです。

 

 

小麦を好んで食べてる人は太る

 

よく、小麦粉料理ばかり食べている人は太る。と言われていますが、なぜだかわかりますか?

 

 

先程「消化に時間がかかる」とお伝えしましたが、そのためにエネルギー代謝が出来なくなり、太るんです。

 

更には、エネルギー代謝が出来なくなり、元気が無くなります。

 

昔の日本人にはあまり太った人は居なかった?

 

昔の日本人って、主食がお米だったので、太っている人が少なかったのです。

 

 

でも今は、色んな国から色んな食材が輸入され、ちょっとでも流行るとみんな飛びつく。

 

 

結果、小麦粉を使ったパンケーキなどが人気で、すごく美味しいからまた食べたくなる。(これがグリアジンの中毒症状)

 

 

クッキーも今はたくさん売られていて、新商品が出ると食べたくて購入し、夕飯後にテレビでも観ながら食べてると、あっという間に1箱無くなってる・・・

 

 

これもグリアジンの中毒症状です。

 

 

夕飯をしっかり食べてお腹は満たされているはずなのに、ついつい食べたくなる。

 

 

太りたくないかたは、注意しましょうね^^;

 

 

最後に

 

私は今、病院からの処方薬の副作用で、食欲がほとんど無く、ご飯もちょっぴりしか食べられません。

 

食べられるのは、フルーツやアイスくらいですね。あとはプロテインとルイボスティーを飲んでいます。

 

 

美味しいパン屋さんの前を通ると、焼きたてのいい匂いがして、買いたくなります。

 

 

でも、自分1人で1個食べられないので(食欲がないから)買うのは我慢します。

 

 

私のように薬の副作用で食欲がないかたでも、パンなら食べられるってかたもいらっしゃるかもしれません。

 

 

そういう場合には、パンを食べて、その次の食事は別の消化の良いものを食べましょう(^^)

 

 

続けてパンは駄目ですよ!

 

 

あとは、普通に食欲があるかたでも、毎日パンは駄目です。

 

 

今日パンを食べたから、明日はお米にしよう!などと決め、少しでも健康的に過ごしましょう(^^)

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました