【重要】日焼け止めを塗る前に、事前にこれだけは仕込んでおいて!

化粧品

 

こんにちはー!るなです(^^)

 

 

今は5月ですが、紫外線はもう降り注いでいます。

 

 

本当に日焼けしたくない人は、4月からは日焼け止めを塗りましょう、と言われています。

 

 

日焼け止めの上手な塗り方は、以前こちらの記事でお伝えしましたが、

 

 

大切なお肌を守るためにも、是非日焼け止めを塗る前に、下地として塗って頂きたいものがあるのです。

 

 

日焼け止めの効果

 

 

以前の記事でもお伝えしたとおり、日焼け止めはお肌にダメージを与える紫外線を弾いてくれるので、紫外線が多い時期にはとても頼りになる存在です。

 

 

詳細はお手数ですが、こちらの記事でご確認願います。

 

 

ただ、現在ドラッグストア等で普通に販売されている日焼け止めの成分には、保存料を始め、お肌に悪影響を与えるものも色々入っています。

 

 

そのお肌に悪い成分を皮膚の中に入らないようにする方法をお伝えします!

 

 

日焼け止めを塗る前に、ココナッツオイルを塗る

 

これは、ドラッグストア等で売られている、エキストラヴァージンココナッツオイルで大丈夫です(^^)

 

 

私はドラッグストアで購入した、こちらを愛用しています。

 

 

 

オイルですので、うすーく伸ばして塗ってくださいね。

 

 

 

ちなみに、髪の毛を洗ったあとのトリートメントとしても使えます。(オイルなので)

 

 

 

ココナッツオイルを日焼け止めの下に塗ることで、直接日焼け止めがお肌に触れず、お肌を痛めることがありません(^^)

 

 

私はココナッツオイル=食用

 

 

ではなく、

 

 

ココナッツオイル=日焼け止めの下地

 

 

として使用しています(^^)

 

 

 

ただ、ココナッツオイルは独特の美味しそうな香りがしますので、この香りが苦手な方にはキツイですよね^^;

 

 

 

また、ココナッツオイルの場合、水に濡れると落ちてしまうので、日常の紫外線を防ぐ為には十分使えますが、

 

 

海に入る場合には役に立ちません。

 

 

 

その場合にはこちらをおすすめします。

 

 

 

海に入る場合には、白色ワセリンを下地にする

 

こちらの白色ワセリンも、普通にドラッグストアで販売されているもので大丈夫です(^^)

 

 

 

ちなみに我が家では、こちらを使用しています(^^)

 

 

 

容量は500gですが、価格は900円くらいです・・・めっちゃ安くないですか?(笑)

 

 

 

こちらは真夏を除き、年中お世話になっているものなので、500gの大容量のものを購入しています。

 

 

この話はさておき、この白色ワセリンを手のひらにとりなじませ、うす~く伸ばすように日焼け止めの下地として塗ってください。

 

 

 

白色ワセリンはエキストラヴァージンココナッツオイルと違いかなり水を弾きますので、取れてほしくない日焼け止めも、上手くとどまってくれます(^^)

 

 

日焼け止めは何度も塗り直す

 

はい、こちらも以前の記事でお伝えしましたが、いくらSPF50の日焼け止めを塗っていたとしても、バッグや洋服で擦れたりすることで、日焼け止めは取れてしまうんです。

 

 

なので、タオル等でゴシゴシ汗をふいたあとは、勿論取れていますので、必ず塗り直してください。

 

 

でないと、日焼け止めをちゃんと塗っていたのに日焼けしたということになってしまいます。

 

 

 

あと、塗り方も「正しい塗り方」をしないと、日焼け止めは十分な効果を発揮出来ません。

 

 

 

正しい塗り方については、こちらの「日焼け止めの塗り方」でお伝えしていますので、是非御覧くださいね(^^)

 

 

 

間違った塗り方をすると効果がなく、ただお金の無駄になってしまいます。

 

 

最後に

 

 

如何でしたでしょうか?

 

 

日焼け止めを塗るのに、更にその下に塗るものがあったなんて、多分ご存じない方が多かったと思います。

 

 

これは、化粧品店では教えてくれません。

 

 

なぜなら、「化粧品が肌に害を及ぼす」とバレてしまうので(笑)

 

 

 

なので今回も、嘘のつけない私がこっそりと、あなたにお伝えしました。

 

 

 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございます。(^^)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました